SWITCHフラゲ & 赤めだか文庫版

画像

11/20発売の「SWITCH 12月号」、フラゲできました!

特別付録として「母と暮せば」未収録曲のCDが付いてくるので

表紙に和也さんはいないけどお買い上げ。

付録CDは、映画オープニングのピアノバージョンとのこと。

これは劇場でオリジナルを聴いてからにしようかな、と思いまだ開封していません。

ささやかなお楽しみ



テキストはまだ全部読めていませんが。

小百合さんが和也さんのことを

『男性なのですが、本当にフェアリーのような軽やかな存在』

と形容しています。

彼の存在がつくる雰囲気に安心して身を任せ、その中で演技ができた、と。

フェアリー!

和也さんは小百合さんを「本当に可愛らしいの。そしてこの上なく真摯な方」と。

小百合さんの素敵エピソードを挙げたあと「しかも可愛らしいんだからまいっちゃうよね」だって!

お互いを尊敬し合ってる、本当にお似合いの2人



そうそう!和也さんのページ、今後の作品紹介で思いっきり

テレビドラマ『赤とんぼ』 と書かれています

・・・・・・・・・・・・・

「赤メダカ」と平仮名をカタカナ表記していた書店さんつぶやきは見かけましたけど・・・

誤字ではなく、完全に生き物を間違えるなんて。。。

びっくりぽん

私が買ったものだけ印刷ミスか?と思いましたがどうやらそうではないらしい。

これからSWITCHを読まれる方、ご注意くださいませ~




今日はその「赤めだか」、原作文庫本も購入。

ドラマが決まってすぐ図書館で借りて原作は読んだのですが

落語会記念として買いました。

12月16日、赤坂ACTシアターで行われる

立川談春さん「赤めだか落語会」、先行抽選に当選したんです!

たぶん、初ぴあ当選かも。

嵐ゴト以外でも、ぴあの抽選って当たったことないから。

本当に相性が悪くて、抽選ゴトがぴあだと「え~、またぴあなの~~?」と敵意むき出しでしたが(苦笑)、これからは優しい気持ちで抽選エントリーできそうです(笑)

落語会にはトークゲストとしてテレビドラマ・赤めだか出演者の濱田岳さん、宮川大輔さん、北村有起哉さんも出演予定。

和也さんご本人は来ないけど、撮影裏話を聞けたら嬉しいな~

生落語、生談春さんはもちろん、下町ロケットの殿さん、そして釣りバカ日誌の浜ちゃんに会えるのも楽しみです


"SWITCHフラゲ & 赤めだか文庫版" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント