プレゼンターお疲れ様!

嬉し涙で大号泣の第39回日本アカデミー賞授賞式から早1年。

昨年は朝からソワソワして緊張の1日でしたが、

今年は日中落ち着いて過ごすことが出来ました。

1年で早いな~、なんて思いながら。



二宮和也さん、第40回のプレゼンターお疲れ様でした!

プレゼンター入場時、本木雅弘さんと並んで歩くニノをみて

「いい画だな~」としみじみ。

ニノにはモックンのように、息の長い映画俳優で居て欲しいと思っているので

勝手に未来を感じて嬉しくなってしまった

そしていつかプレゼンターとして岡田君とニノが同時入場したり

ニノが山田くんや他のジャニーズの後輩と並んで歩くことがあったらいいな、と

またまた勝手に未来を夢見てしまいました。



そして早くも来年の日本アカデミー賞で期待すること!

『ラストレシピ』から

最優秀主演男優賞:二宮和也最優秀助演男優賞:綾野剛

が実現したらいいな~って。

(まだ公開もされていないけど

綾野剛くん主演作品がいくつか受賞していたので余計にそう思ってしまいました。

ラストレシピでW受賞、いえトリプル受賞、いやいや夢はでっかく!

シン・ゴジラを超える数々の受賞を誇る作品になったりして。

なるような予感がする。きっとなる! と公開前なのに予言しておきます(笑)

もう、今から来年の日本アカデミー賞が楽しみで仕方ありません

昨年、授賞式の一般参加を『4万円』という価格にビビリ抽選参加すら諦めました。

でもすっごい後悔した 

あの時なんで4万をケチったんだ!って。

遠征したと思えばなんとかできたじゃないかって。

4万円には変えられない、プライスレスな瞬間に立ち会えたのにーっ

来年は迷わず抽選に参加します!

(まだラストレシピが受賞するかもわからないけど・・・きっと大丈夫♪)

その日のために、働けワタシ



授賞式はやっぱり感動しますね。

演じることを生業としている役者さんたちが、声を震わせ、頬を紅潮させている素の姿には心を打たれます。

今回の受賞作品はあまり観に行けなかったのですが、それでもいちいち感動して泣きながらテレビ観てました。

64-ロクヨンとハドソン川の奇跡は観たので、受賞が嬉しかったです。



今年は嵐ゴト映画イヤー

ぼちぼち映画雑誌も特集が出始めました。

楽しみ~だけど、お財布が~

でもでも、もしかしたら嵐さんから複数の受賞者が出ることもあるかもしれませんねっ!

賞がすべてではないけれど、興行収入やメディア露出以外で

目に見える成果があると、本人や関係者はもちろん、ファンとしても嬉しさひとしお。

来年の3月が楽しみです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント