ワクワク学校2016 東京6/26

2016年6月26日(日)
 
画像


17:00開校の部に入学してきました

私の教室は…20ゲート外野席ライト側。

コンサートでは見慣れないゲート番号と座席エリアです。

おそらく、コンサートではメインステージが設営される側ではないかと。

天井まで満員のスタンド席全体を見上げられるある意味レアな位置でした。

嵐さん達も、こんな目線でステージから客席を見てるんだね!と思うだけで既に興奮する大人女学生達(笑) 

今年も本当に楽しくて笑い過ぎて顔が痛くなる授業ばかりでした

以下、超絶簡単な授業のまとめ


1時間目:二宮先生「トイレットペーパーの芯に学ぶ大切なこと」

トイレットペーパーの芯が気になり、自由研究で毎年糸電話を作っていた小学生時代のお写真(WSより)
画像

可愛い~~~

でも大阪校で髪を切って、モンチッチみたいな33歳の二宮先生も負けず劣らず可愛かった

紙コップと絹糸で作られる楽器『ストリングラフィ』

これをトイレットペーパーの芯で作ったもので先生達が演奏した校歌「ふるさと」

お見事でした 二宮先生もご満悦で声が高くなっちゃってたもんね(笑)

そうそう、宿題で出されていた工作。

私はポストカードスタンドを作りました。
画像

会場で紹介された宿題の数々が工作のレベルを超えるクオリティの高さでビックリ!

二宮先生のまとめ:どんな物にも大きな可能性が眠っている 和也





2時間目:大野先生「魚をより美味しく食べる方法」

智くん翔くんの真鯛釣り対決は勝者智くん!

魚を簡単におろすためには包丁の切れ味より魚の構造を知ることが大切。
(骨ではなく関節を切る、etc.)

お刺身の切り方によっても味が変わる。

大野先生のまとめ:知れば知るほど魚はもっと美味しくなる 智





3時間目:相葉先生「体幹の鍛え方」

WSで度々証拠映像が流れた『ていかん』の授業です

助手に「たいかんです」と指摘された後、「え?オレ今なんて言った???」と本気の素で聞き返す相葉先生。

場内にどよめきが起こりました

過去のワク学ではウスターソースを「ウィスターソース」だと思っていた発言もしてますし(笑)

相葉先生の未知なる領域には驚かされるばかりです。最高!

青学陸上部との400m走対決や、雑巾がけレースも頑張ってたけど

もう、「ていかん」の衝撃が大き過ぎてこの一言しか頭に残ってないよ(爆)ゴメンネ。

相葉先生のまとめ:体幹を鍛えると良い事がいっぱい。お手伝いから始めよう 雅紀





4時間目:櫻井先生「星空がより素敵に見える研究」

流れ星は昼間も含めて日本だけでも1日240個もあるのだとか。

願い事し放題、ということらしい。

そんな星空のもとでのロマンティック天体観測デート

お相手は我らがカズ! デート中、翔くんがカズ呼びするたびに会場がキャーキャーしてました。

この2人の小芝居にはほんっとに笑わされました。 安定のやまたろ

櫻井先生のまとめ:星空に想いを馳せればその輝きがきっと明日を照らしてくれる 翔





5時間目:松本先生「運って何だろう?」

運がいいと言われる人は、片隅に転がっているチャンスを見逃さない →視野が広い

視野を広くするには・・・・・・Positive、前向きに!

Positive変換と現実逃避は違います!
例:テストで赤点を取った
  ・・・「死ぬわけじゃないし」→現実逃避
  ・・・「苦手なところがわかった!」→Positive変換

ips細胞の山中教授が、実験で違う結果が出てもワクワクしていた、というエピソードを踏まえ、、、

松本先生まとめ:前向きに世界を見つめればあらゆるところに運が転がっている 潤




今年も本当にためになるテーマばかりでした。

コンサートとは違う、ドーム内をエコーする嵐先生のマイクを通した声を聞くと、

あー、ワクワク学校で勉強してるな、としみじみ感じます。

毎年、優れたテーマでワク学はとてもいい企画だなと思っています。

嵐先生のプレゼンもお上手だし。(特に二宮先生、櫻井先生)

来年は、、、ワク学も原点回帰ってことで嵐先生だけでシンプルに開校してはいかがでしょうか?

生徒の1人としては大歓迎でございます!(笑)


おまけ。

東京ドームミーツポート1Fのセブンイレブン内、

ARASHI と WEST のじゃかりこ文字。

画像を見かけたので本物を見てきました。

こういうの、イベント感、お祭り感があって気分が上がるね
画像


この記事へのコメント