初日ライブビューイング

昨年、12月17日夕方に映画決定のニュースが飛び込んで来て以来

約1年、待ちに待った公開初日。

初日舞台挨拶ライブビューイングの回に行って来ました。

スクリーンに山田監督のお顔が映った瞬間、なんだか胸がいっぱいに

中継慣れしている和也さんは、「全国の皆さん、ありがとうございます」と語りかけてくれて余裕のよっちゃんな感じ。

ライブビューイングが初めてという監督が不思議そうな表情でいらして、和也さんが「カメラあちらです」と教えている姿が微笑ましかったです。

珍しく茶色のスーツで、デコ丸見えだったけど、和也さん可愛かった。

そして安定のトークの上手さ!

黒木華ちゃんをいじって、華ちゃんがタジタジになってしまったり

逆に小百合さんにメイク落としの早さを指摘されて和也さんが照れていたり。

印象に残る長崎弁は?の質問に「事情があって・・・『町子がね』しか覚えていない」と笑いを誘ったり。

事情って・・・MCで相葉くんがやったモノマネ?のことみたいね(笑)

どこへいっても嵐を忘れない和也さん

10分程度だったでしょうか? あっという間の舞台挨拶でしたが楽しかったです。

上映前の挨拶ということで、細かなシーンの話はなかったのですが

『町子がね』と監督もおっしゃってた『メンデルスゾーン』のところは集中して観ちゃいました(笑)

中継されない回の舞台挨拶では、和也さんが小百合さんにお手紙を読んだとか。

聞きたかったな~ これはWSでやらないかしら?

中継の司会はワイドスクランブルの女性アナウンサーでした。

明日も忘れずにワイスク録画しなきゃ!



本当に本当に、映画「母と暮せば」公開おめでとうございます

映画が作れる、それを楽しみに待てる、そして映画を鑑賞できる。

当たり前にこれらができる、現在の「平和」に感謝です。




映画の感想は別の記事にまとめまーす
画像





この記事へのコメント